たるみ肌に悩んでいる人におすすめのオールインワンゲルを紹介している
実年齢より老けて見られる、メイクやファッションがキマらないなど、女性の肌の悩みで「たるみ」で悩んでいる人は多いです。このたるみはマッサージや表情筋を鍛えるなどの地道な努力と、それと並行して毎日のケアでハリ対策を行うことで改善します。複数の化粧品を使うよりも一つで色々な機能のあるオールインワン化粧品を使うことで肌に余計な摩擦をかけない、何よりもスキンケア時間が短くなってたるみ改善をすることができます。

ココではたるみの原因、たるみに効くオールインワンゲルを選ぶポイント、たるみにおすすめオールインワンゲルをランキング形式で紹介します。

たるみができてしまう4つの原因

目の下、頬、フェイスラインなどたるみが気になる所はたくさんありますが、なぜたるみができてしまうのかというと理由は4つあります。

その前に、たるみとは肌にハリが無くなってしまうことです。化粧品のCMで『たるみ』という言葉よりも『ハリが不足している』『ハリが無い』という『ハリ』という言葉はよく聞くのではないでしょうか。

つまり、たるみ=ハリがない肌は同じ意味ということです。

①肌を支える筋力の低下

顔の皮膚の下には数多くの筋肉が張り巡らされていて話す、笑う、泣く、怒るなど豊かな表情を作っています。この筋肉の力が衰えてしまうと動きが鈍くなって、血液からの栄養が運ばれなくなり肌に栄養が届かなくなります。
これが肌のハリを失わせてしまう原因の一つとなります。

②生活習慣による活性酸素の影響

活性酸素は身体には必要なものですが、過剰になると細胞を攻撃してしまいます。その活性酸素が増える習慣とは、喫煙が筆頭にあげられます。
タバコを吸う人の肌年齢は吸わない人のプラス5~10歳とまで言われていて、お肌のことを考えるなら控えた方が良さそうです。
他には睡眠不足、暴飲暴食、アルコールの飲みすぎ、紫外線に当たる、ストレスの多い生活などが活性酸素を増やす要因と言われています。

③乾燥などによる肌トラブル

乾燥もハリのある肌を衰えさせる大きな原因です。
紫外線は活性酸素も発生させるので肌細胞を壊す悪玉ですが、乾燥も引き起こします。
肌が乾燥するとバリア機能が弱まって、刺激に負けまいと角質を厚くしていきますが、その結果、化粧品の浸透を妨げて肌に必要なコラーゲンなどを取り込めなくなります。

④コラーゲンの劣化と減少

ハリを保つコラーゲンは年齢を重ねるごとに減少しますが、50代になると20代の半分にまで減少してしまうことはよく知られています。
コラーゲンの減少と共に加齢によるコラーゲンの質の劣化は、あまり知られておらず、これがたるみの原因となるので、常に新しいコラーゲンを補給するとハリを取り戻せます。

たるみに効くオールインワンゲルを選ぶポイント

①たるみに効果がある成分を選ぶ

たるみに効果がある成分は、コラーゲン・ビタミンC・セラミドです。

コラーゲン
ハリのある肌には不可欠なコラーゲンは、その人気のせいか化粧品だけではなくジュース、鍋の素、お菓子にまで配合され気軽に摂れる美肌成分として有名です。
しかし食品ではほとんどが消化器で分解されて肌に届くのはごくわずかなので、肌の表面からも化粧品などで補いたいです。
肌のハリを保つにはビタミンCなどと組み合わせて、肌の内部でコラーゲンを作るサイクルを構築する必要があります。
ビタミンC
コラーゲンは肌の角質層までを潤す優秀な成分ですが、肌の弾力を出してハリを産むには真皮の中でコラーゲンを作るビタミンC誘導体、ビタミンC配糖体を含むオールインワン化粧品を選ぶと良いでしょう。
ビタミンCだけでは非常に不安定で効果がわかりにくいのですが、誘導体や配糖体に加工することで安定した能力を持ち真皮層の中でコラーゲンを作りだします。
セラミド
セラミドは人気の保湿成分で細胞と細胞の間にある天然保湿因子と細胞間脂質で、ハリを産む弾力の元となります。
セラミドはドラッグストアからクリニックでも入手できますが、数多くの商品が並んでいて選ぶのに困りますよね。
選ぶポイントとしてはヒト型セラミドが効果が高く、セラミド-2などセラミドの後ろに数字が付いているものはヒト型セラミドなので覚えておきましょう。
ヒト型セラミドは水分保持能力が高く、バリア機能を保つ、ターンオーバーを促す、ハリを出してシワを浅くするなどの効果があります。
コラーゲンと同じく加齢により減少するので、毎日のケアをオールインワン化粧品で補うと効率良くセラミドを吸収できそうですね。

②保湿成分しっかり配合

保湿成分は、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンがあります
オールインワン化粧品の場合、化粧水にゲル化成分を加えてジェルやゲル状にしたものなので、基本的に保水力が高い製品が多いです。
肌のコンディションを上げるには、紫外線などの刺激から守るバリア機能を高める保湿が最優先で、その上でたるみを改善する肌のハリを出す成分を取り入れることが重要です。
保湿成分の中でもコラーゲンは抜群の保水力を誇り、同時にハリも出す成分でもあります。
コラーゲンは肌の弾力性を上げて保湿成分を抱え込み、プルプルとみずみずしい肌に導きます。
ヒアルロン酸は水分を保持する力が非常に高く、90%以上が水分でできている眼球の硝子体が丸い形を保てているのはヒアルロン酸の力です。
ヒト型セラミドも保湿力が高く肌の水分を保ち蒸発を防ぎます。

たるみに効果がある成分と肌の保湿成分で必要な成分で共通している成分が多いです、つまり肌のたるみを改善するためには肌にハリを取り戻してあげることが必要なのです。

③使い続けられる価格か

肌のたるみには、ハリを取り戻してあげることが必要です。
どんな化粧品を使っても効果がでるには、3か月は目安にしましょう。肌にはターンオーバーがあり、古い皮膚が新しい皮膚に生まれ変わる時間があるからです。
なので、単発で高いオールインワンゲルよりも、継続的に3か月は使い続けられるオールインワンゲルを選ばないとたるみを改善する効果は期待できないのです。
なので、買って使い続けられるというのもポイントとなります。

なるので、買い続けられるかも1つのポイントとなります。

たるみに効く!おすすめオールインワンゲルランキング

  1. フィトリフト

    フィットリフトの特徴

    雛形あきこさん・中澤裕子さんなど忙しい芸能人に愛用者も多い。

    ハリを取り戻すためにフィトリフトを使った場所の凹みが
    元に戻るくらい強い復元力があります。復元力の秘密は高機能美容成分の『フィット発酵エキス』医学的
    理論に基づいて開発された成分で、原料は植物を使用しているため安心の天然素材だから
    たるみだけでなく、敏感肌のように肌の弱い人も使うことができます。

    フィット発酵エキスは、たるみ・保湿有効成分のヒアルロン酸の6.14倍の潤い力、コラーゲンが3.13倍の弾力です。なので、従来のに比べて保湿力が高いためたるみ改善効果が期待できます。

    POINT・浸透力4倍アップ実感続けてお試しキャンペーン中
    ・オールインワンジェル1個とふきとり化粧水1本が実質無料

    実際に使った人の口コミ・ゲルを手に付けた瞬間今までのオールインワンゲルと違うとすぐにわかるくらい弾力がすごいです。肌につけた時に弾力がすぅーとしみ込んでいきベタつきもなく
    お肌のハリがアップしました。【乾燥性肌・30代女性】・ゲルが『ぷるんぷるん』しています。肌にゲルをのせると肌がピーンと引っ張られるのが実感。肌が重力に負けてると気になっている人におすすめです。
    【敏感肌・40代女性】

    おすすめ度 4.0
    価格 通常価格14.040円(60日分)
    定期初回2,980円
    2回目以降20%OFF
    全額返金保証有り
    たるみ・保湿有効成分 コメセラミド
    浸透性コラーゲン
    スーパーヒアルロン酸
    ビタミンC誘導体

    フィトリフト公式サイトはこちら


  1. トリニティーライン

    トリニティーラインの特徴

    たるみ肌など年齢を重ねた女性のために作られたオールインワンゲル。
    大人肌の悩みの原因は、年齢を重ねたことによる肌の保湿成分のセラミドが減少することに
    着目してセラミドをたっぷり補うために今までの55倍のセラミドケア成分を配合。

    水を一滴も加えずに95%以上を美容成分に置き換えて
    品質と成分を厳選。肌が弱くなってきている女性も大丈夫なように無香料・無着色
    乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み

    POINT・大正製薬グループ『ドクタープログラム』が9年の歳月をかけて開発した大人の女性のためのオールインワンゲル。
    おすすめ度 5.0
    価格 通常価格3,800円
    定期初回1,900円
    2回目以降10%OFF 3,693円
    たるみ・保湿有効成分 天然型セラミド
    モイストセラミド
    4種のヒアルロン酸
    スクワラン
    口コミ ・たるみ肌にはセラミドが良いって聞いて大正製薬グループのオールインワンゲルなら安心感があると思って試したみました。スキンケア簡単で、塗ると肌が
    みずみずしい感じでクリームなのにベタつかないのが良いです。
    【乾燥肌・50代女性】・年々肌がたるんできていて老けを感じて鏡を見るたびに憂鬱になっていました。トリニティーラインを使うようになって変わっていく自分に顔のお手入れが楽しくなって、毎日鏡に映る自分に微笑んでしまっています。
    【混合肌・40代女性】

    トリニティーライン公式サイトはこちら

自分の肌はたるみ肌?ハリ不足な肌をチェック

肌がピンと張っている状態は、見ただけで健康で若い肌だと解りますね。
それと同じようにハリが不足している肌も見るだけで解りますが、自分の肌がたるみ肌なのかその特徴を紹介します。

①肌にツヤが無い、くすんでいる

コマーシャルで「ツヤ玉」という言葉を聞きますが、キメが整って細胞が均一に並んでいる状態の肌はツヤ感があります。
肌の内部のコラーゲンやエラスチンなど肌組織を支える成分が減ると、今まではキレイに整列していた肌細胞が乱れて光を反射しなくなりツヤ感が無くなります。
鏡を見てくすんでいると感じたらハリが無くなっているサインかもしれません。

②顔の輪郭がぼんやりしている

洋服を着て鏡を見ると何となくコーディネイトがキマらない、キレイにメイクをしているのにぼんやりした印象に感じる、淡い色の服が似合わなくなったなど思い当たることがありませんか?
肌にハリが無くなると今まではしっかりしていた顔の輪郭がぼんやりした感じになります。
そのため淡い色の服を着るとコーディネイトに締まりがなくなり、服が似合わないと感じることが多くなります。
年齢のせいかな?と思いますが、それは肌にハリが無くなっていることが原因です。

③目の下に影ができている

会う人に「疲れてるの?」「ちゃんと寝てる?」と聞かれるほど目の下に影ができてしまうのは肌にハリが無くなったからで、柔らかい目の周りの皮膚は減少したコラーゲンなどの肌を支える成分の影響をすぐに受けてしまいます。
目の下に影ができているなら、早急にハリを復活させるケアが必要です。

④体重が増えていないのに「太った?」と言われる。

特に体重が増えていないのに、「太った?」と言われたらショックが大きいですよね。
実際に太ってしまったならダイエットを考えますが、それが顔のハリが無くなったせいで太って見えるなら、フェイスケアも痩せて見えるための重要な要素と言えます。
顔にハリが無くなると頬が下に下がり、あごにかけてふっくらとした輪郭を作ります。
それが頬を大きく見せるので顔が肥大して見えて、太ったと勘違いされてしまうのです。