オールインワンゲルで朝夜シミのケアをしても、毎日の生活で対策がちゃんとできていないと効果が無くなってしまいます。
そこでシミができる大きな原因の紫外線から毎日の生活でできる紫外線対策について紹介します。

【目次】
●紫外線って肌にどのような影響があるの?
●紫外線に負けない肌ケア

紫外線って肌にどのような影響があるの?

紫外線 太陽

肌に影響を及ぼす紫外線は二種類ある

シミの大敵!紫外線は女性の肌にできてしまうシミの原因NO.1と言っても過言では無いです。
紫外線には2種類ありUVA(紫外線A波)とUVB8紫外線B波)があります。
もう一種類の紫外線C波は地上まで届かないので、人類に影響があるのはAとBの二つと言われています。

A波とは

浴びても自覚症状のないA波は肌の奥まで届いて老化させる厄介者です。
「紫外線A波」は浴びても特に肌への変化は感じられず、肌の一番奥にまで浸透する厄介なもので、浴びると肌の乾燥を引き起こし、危機を感じた肌がメラニン色素で守ろうとするためシミができやすくなります。
それだけではなくシワやたるみの原因にもなる肌にとってマイナス要因ばかりです。
怖いのは知らない間にジワジワと肌へ影響を与えて、老化させてしまうところです。

B波とは

普通に日焼けしたと感じるのは紫外線B波の影響です。
紫外線B波は長時間浴びてしまうと肌が赤くなり、後で痛くなったり炎症を起こしたりするなどダイレクトに肌への影響が出ます。
B波を浴びるとやけど状態になりやすく、赤味などがひかない、水ぶくれができた、痛みが治まらない場合などは速やかに医師の診察を受けましょう。
放っておくと皮がむけて雑菌が入り、シミだけではなくケロイド状にまで悪化させてしまって痕になります。

外国から観光に来た人は、日本人女性が日傘を使っていることに驚くそうです。
日本人女性は海外に比べると紫外線の悪影響についてよく知っていますが、曇りの日や秋、冬でも日焼け対策をしている人はまだ少ないです。
曇り空からも紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めを塗るなど肌ケアを行うと肌を傷めずに済みます。

紫外線に負けない肌ケア

・毎日のお手入れで自宅にいる時も日焼け対策を習慣にする
朝起きて洗顔後SPF15程度の日焼け止めを塗ります。
顔だけではなくデコルテから腕など、肌が出ているところには塗っておきましょう。
すると窓からの日差しや洗濯物を屋外に干すときも、紫外線を気にしないで家事ができます。

・外出するときの日焼け対策は?
外出先で日光を浴びることが解っているなら、メイク下地に日焼け止め効果の高いものを選びましょう。
顔だけではなく衣服から出ているところには、SPF30程度の日焼け止めを塗って、3時間おきに塗りなおすと効果が続きます。
海などに行くときはSPF50程度のものを選んで、2時間に一回は塗りなおすようにしましょう。

・毎日の意識を変えるだけで日焼け対策は完璧!
「ちょっとくらいなら日差しを浴びても大丈夫。」
そう思っていませんか?
でも、少し出かける時も日傘や帽子は必須で、目に入る紫外線が体内で作られるメラニン色素の量に影響するので、サングラスもかけましょう。
ここまで重装備は嫌だと抵抗があるかもしれませんが、たった数十分の日差しを紫外線対策せずに浴びただけで、3か月分の美白ケアを台無しにしてしまうので侮れないです。