シミとくすみはほとんど同じものです。

シミとくすみの原因とメカニズムは似ていて、違いといえば肌のどこで起こるかぐらいなんです。シミは表皮か真皮で起きて、くすみは肌の表面で起きます。
原因はメラニンができることで、そのメラニンは紫外線やメイク、摩擦などの強い刺激を受けるとできてしまいます。つまりシミなどは、メラニンが強い刺激から守っている証でもあります。
ただ、くすみの場合はメラニンだけが原因ではなく古い角質が残ってしまうことも原因になっていることがあります。
ではどうすれば、メラニンと古い角質をなくせるかというと、どちらも対策は同じです。

肌のターンオーバーでシミ・くすみを防ぐ

メラニンと古い角質を解消するにはどうすればいいかというと、肌のターンオーバーを促進してあげればいいだけです。ターンオーバーとは肌の代謝のことで、新しい細胞を作って古い細胞と入れ替える働きのことをいいます。
メラニンができても新しい細胞が次々にできれば肌に残りません。赤ちゃんや子供にシミがないのは、この肌のターンオーバーが正常に働いているからです。ターンオーバーの働きは年齢にと共に衰えていくので、放っておくとシミやくすみが増えていくだけです。シミなどを防ぐにはターンオーバーを正常にする必要があります。

肌のターンオーバーの鍵は線維芽細胞

ではどうすれば肌のターンオーバーを正常にできるのかというと、その鍵を握るのが線維芽細胞細胞です。線維芽細胞とは肌の真皮にあって、ターンオーバーをコントロールしています。しかもここでは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸も作っているので、線維芽細胞を再生してあげればシミはもちろんシワやたるみといった肌の悩みの多くを解消することができます。
線維芽細胞の活動が活発になればターンオーバーが正常になって、新しい細胞が作られやすくなり、古い角質が押し出されて剥がれます。それによって新しい肌に生まれ変わって美白肌になることができます。

線維芽細胞を再生するには

でもどうやったら線維芽細胞が再生してくれるのかがわからなければ、なんの解決にもなっていません。美白になろうといろいろ化粧品を使っている人も多いでしょうが、それでは線維芽細胞を衰えさせるだけです。なぜなら化粧品の力で肌を保っていれば、細胞は頑張らなくても良いからです。

それならどうすれば良いのかというと、「血行を良くする」・「ビタミンCなどの線維芽細胞に良い成分を届ける」・「健康的な食事」の3つです。

なので、肌のためにはマッサージができるオールインワンゲルを使うことで血行を良くすることができるのでしみやくすみをケアすることができます。