出産した親子
妊娠から出産、育児をする一連の流れの中で、女性の身体の中では女性ホルモンのバランスが大きく変わります。
中でも美肌ホルモンと呼ばれる「エストロゲン」が妊娠中には増えて、産後は急激に減るので肌への影響がとても大きくシミに悩む人が続出します。
この女性ホルモンの影響を知った上でケアを行うことが、効果的なシミ対策になります。

妊娠中にシミが濃くなるワケは?

妊娠している妊婦さん
赤ちゃんをお腹の中で育てている間に多く分泌されるのが赤ちゃんを守る女性ホルモンである「プロゲステロン」です。
プロゲステロンの働きは赤ちゃんをはぐくむための胎盤を作り、子宮の収縮を抑制して赤ちゃんを守る大事な役割を果たしていますが、シミやそばかすの原因になるメラニン色素を作りやすくする作用もあります。
刺激に対して予防する働きによりメラニン色素が増えて、妊娠すると顔がくすむ、シミが濃くなると感じる人が増えます。
プロゲステロンは出産後に減っていきますが、通常の状態に戻るまでには半年程度かかるので産後の適切なケア次第でシミとなって残るか消えるかが分かれます。

産後は紫外線対策を万全に!

紫外線対策
妊娠中はプロゲステロンの作用でメラニン色素が作られやすい状態で、出産を終えてもその影響が半年程度は残ります。
そのため日に当たるとシミになりやすく、産後はいつも以上に紫外線対策を行ってシミを濃くしないように気をつけましょう。
赤ちゃんを抱っこすると、赤ちゃんの手などがママの顔に触れることも多く、メイクや日焼け止めを顔につけるのは抵抗があると思いますが、外出するときだけでも日焼け対策を行いましょう。
紫外線に当たって一度濃くなったシミを元に戻すには数十倍もの時間がかかるので、産後の半年間だけでも紫外線対策を意識することがシミを濃くしないためには重要なのです。

栄養バランスの整った食事

メラニン色素は活性酸素に対抗するために作られるので、食事でビタミンCなどの栄養を摂ってメラニンが作られて定着しシミになるのを防ぎましょう。
肌のターンオーバーを促すことも大事なので、バランスのとれた食事も重要です。
高たんぱく低脂肪を心がけて旬の食材を取り入れましょう。
ビタミンCを含む果物などは光毒性の心配があるので、日に当たる時間に食べるのは避けて夕食後のデザートにするのも大事なポイントです。
せっかくビタミンCを身体に取り込んでも、太陽光に反応してメラニン色素を作ってしまう光毒性は普通に紫外線に当たるよりシミの原因になると言われています。

産後の肌は敏感

産後肌荒れ
出産後の肌は敏感になっています。
日焼け対策をしていて、紫外線に当たらないのにシミができるのが不思議と悩んでいる人は、肌への刺激がシミの原因になっていることがあります。今までは大丈夫だったけど、出産したことでホルモンバランスの影響で肌が敏感になっているため肌荒れを起こしやすいのです。

紫外線が肌に当たったら、肌の中で活性酸素を作らせないためにメラニン色素を作って防御しますが、刺激から肌を守るためにもメラニン色素は発動します。
スクラブ入り洗顔料を毎日のように使う、顔をゴシゴシこすって古くなった角質をはがそうとしている、貼り付けてはがすパックを頻繁にしている、ピーリングを繰り返す、タオルでゴシゴシこすって拭いているなど、これらは全て肌への刺激になっていて、産後の敏感になっている肌を、これらの刺激から守ろうとしてメラニン色素が作られてシミになります。刺激を取り除くことでシミになることや、濃くなることを防げます。

優しく洗顔をすることから始める

シミのためには洗顔重要画像
シミを作らせないためには刺激を抑えたいので、洗顔はしっかり泡立てて泡で優しく洗い、顔をこすらないようにすすいで、タオルで優しく押さえるように水気を取る方法に変えるだけでも肌への刺激は格段に減ります。
スクラブやピーリング、はがすタイプのパックは肌が敏感になっている産後には必要ありません。
妊娠中には多く分泌されていたエストロゲンが産後には急激に減り、肌のバリア機能が低下して刺激に弱くなっているので刺激はご法度と覚えておきましょう。
普段のケアではスクラブやピーリングは週に1回程度なら問題ありませんが、産後はその刺激に負けまいとしてメラニン色素が活発に作られてシミの原因になります。
マッサージなども肌に刺激になるので、とにかくできるだけ肌に触らない優しいケアが重要となります。

肌に刺激の少ないオールインワン化粧品を選ぶ


肌への刺激を抑えてシミ対策をするなら、オールインワン化粧品がおすすめです。
1つに化粧水、乳液、美白、クリームなどの効果があり、育児で忙しいときに顔を洗ってつけるだけでお手入れ完了なので、肌に触れるのも1回だけで刺激を減らせて、お手入れが簡単なので一石二鳥です。
肌バリアを整えてシミを作らせないためにも、保湿に優れた化粧品を使ってしっかり保湿をしてシミ対策を行いましょう。

上記のような対策と並行して毎日のスキンケアをすると非常に効果的です。
シミにおすすめのオールインワンゲルは下記からご覧ください。