オールインワンゲル使った容器
オールインワンゲルを使う前はべたつく・スキンケア短くなるってよくいわれていることを思っていたいのですが実際にオールインワンゲルを使ってみたら違いました。オールインワンゲルの商品によっては、確かにべたつくのもあります。ただ、べたつくのも理由があってべたつくオールインワンゲルもあるのでそれがデメリットとは言えないです。

なので、ココではいろいろなオールインワンゲルを使ってみてココは使う前・買う前に知っておくと知識として良いなって思うメリット・デメリットを紹介します。

オールインワンゲルのメリット

使ってみて良かった大きなメリットだといえるのは4つあります。
・スキンケア時間が短い
子育てをしている時って、お風呂の後のスキンケア時間が本当にとれなくオールインワンゲルなら3分くらいで終わるから手軽です。朝もオールインワンゲルなら短時間でスキンケア時間が終わります。だから朝時間が無くってイライラするという時間が減った気がします。

・化粧品代が安くなった
化粧水・美容液・乳液・パックなどいろいろなスキンケアアイテムをフルラインで買ってたのでトータルで、2万円以上かかっていたのが、オールインワンゲルにしたら月に1万円以下になりました。1万円だとブランド物の化粧品を買ったら化粧水と美容液だけででちゃいますよね。その浮いたお金を他に使うことができます。

・洗面台がスッキリした
朝スキンケアをして化粧をすると、洗面台が大変なことになっていました。化粧を終わった後にフルラインスキンケアアイテムを洗面台に戻すのって面倒でやりっぱなしのことも多々ありまして・・・。それがオールインワンゲル1つだけになったので、片付けも1回ですみます。

・保湿がしっかりできるようになった
フルラインコスメを使っていた時に、肌の乾燥がひどい時は新しい美容液や保湿がしっかりできるといわれている化粧品を買っていました。それでも保湿が物足りない時がありました。しかし、オールインワンゲルなら重ね付けができるので保湿がしっかりできるんです。

重ねつけとは、一度塗った後にもう1度時間をあけて塗ることです。フルラインコスメの場合重ねてつけてしまっても効果を感じられなく新しく化粧品を買いなおしたりしていましたが、オールインワンゲルは同じ成分だからか問題なくできます。

ただし、オールインワンゲルで保湿をしっかりしたいと思ったら、重ね付けよりも保湿成分に特化したオールインワンゲルを使ったほうが効果に特化しているから使ってる見ると違います。なので乾燥が気になる人は保湿特化しているオールインワンゲルを選んで下さいね。

オールインワンゲルのデメリット

オールインワンゲルは本当に便利です、でも使っていて『あっ!』って思ったことがあります。
オールインワンゲルは化粧下地になります。なのでオールインワンゲルを塗った後にファンデーションをつけるとべたついて上手くつかなかったり、カスのようなものがでるときがあります。

上手く塗れなかったり、カスがでてきてしまうのは理由があります。
肌にオールインワンゲルが浸透していないからです。

朝なので急いで化粧をしたいのですがオールインワンゲルを塗った後は
・時間を少しあけて
・ハンドプレスでしっかり肌の奥まで浸透させて
どちらかをすると、上手く塗れなかったり、カスがでてきてしまわないでも化粧をすることができます。