5
コスメのフルラインとオールインワンゲルとどんな違いのかあるのかについて紹介します。
自分は、フルラインコスメよりもオールインワンゲルのほうに魅力を感じました。しかし、みんな同じ肌ではないので人によってはオールインワンゲルよりもフルラインコスメのほうが合っている人もいます。その違いについて私なりに感じたことを紹介します。

フルラインコスメについて

フルラインコスメとは、化粧水や美容液、乳液、クリームなどを同じブランドで揃えてケアをすることです。
肌を美しくしていくために必要な成分を、それぞれのアイテムに配合してあり、使う順番を守ることで美肌を目指していけるものです。
たとえば化粧水は肌の角質が乾燥しているところに水分を浸透させる役割があるほか、美容液は化粧水だけでは足りないスペシャルな美容成分を届けることができます。
さらに乳液やクリームは肌の中まで届けた成分が逃げていかないよう、バリアをつくって肌を守る効果が期待できるのです。

このような手順を守らず、もし化粧水よりも乳液を先に使ってしまうと、乾燥で水分が不足している肌の表面ばかりを守ることになり、内部は乾いたままという結果になってしまいます。

このように、フルラインで肌のお手入れを行うことで、肌にしっかりと化粧水で水分をしっかり補給することや美容液や乳液をしっかり塗ることで保湿効果を実感できるなどのメリットがあります。オールインワンゲルに比べてお手入れに時間をかけているという実感をすることができるというのが最大のメリットだと思います。

オールインワンゲルについて

これに対しオールインワンゲルは、これらの効果をすべて詰め込んでいるうえに、ファンデーションの前に使う化粧下地の役割を果たすものまであります。
わざわざ1つずつアイテムを使っていく必要はなく、中身を肌に乗せて全体に伸ばすだけでケアは終了します。
化粧下地の成分が入っているオールインワンゲルならば、これを使ったあとファンデーションを塗ればベースメイクはある程度完了するので手間がかかりません。
忙しい朝などメイクの時間を短くしたいというときや、スキンケアが面倒だと感じるときなどには便利なアイテムです。

また、コスメフルラインはアイテム数が多いため全部揃えると、どうしても高額になってしまいますが、オールインワンゲルはそれ1つだけですむので経済的です。
さらに、肌に余計な成分をつけることがないので、もともと肌がもつ自己再生力を高められるという点がオールインワンゲルのメリットです。

とはいえ保湿力の高さゆえにインナードライに気づきにくくなる可能性があるので、両方の違いを見極めたうで、自身の肌に合う方を選ぶことが大切です。