太陽光線
結論から先にいうと、オールインワンゲルには日焼け予防成分が入ってないのがほとんどです。
なので、寝る前につけても問題ないです。

オールインワンゲルに日焼け予防成分が入っていない理由

オールインワンゲルは化粧水・乳液・美容液・パックなどのスキンケアアイテムが1つですむので万能化粧品
です。そのうえ、しみやくすみに特化したオールインワンゲルが続々発売されています。しみやくすみに特化したオールインワンゲルは
紫外線ケアをしてくれます。紫外線予防ではなく、受けてしまった紫外線の元メラニンを過剰に増やさないための成分が入っているのです。
だから、これから受けてしまう紫外線については予防することができないのです。

なぜ、入っていないのかというとオールインワンゲルは各メーカー肌に優しい成分にこだわっています。
なので肌に負担になる成分は極力使わないようにしているのです。

つまり、日焼け予防成分のUVカット成分は紫外線散乱剤などの肌に負担をかける成分だからです。
それを朝と夜につけていたら肌に負担をかけてしまいますよね。

だから、オールインワンゲルには日焼け予防成分が入っていないのがほとんどなのです。

なので、日中の紫外線対策の時は日焼け止めをする時はオールインワンゲルを塗った後に塗って下さい。

オールインワンゲルに化粧下地が入っている!

29
オールインワンゲルによっては化粧下地になるのもあります。それは化粧下地と書いてありますが、肌のコンディションを整える
ものです。なので日焼け止めが入っているのとは違います。

また、ビオレなどでは化粧下地+日焼け止めの商品が販売されています。
30
写真のようにUVカット効果のSPFが書いてあります。

オールインワンゲルでもしかして入ってる・・・?という商品をみたらSPFのことが書いてあるのかを見るようにしましょう。

当サイトでは肌に優しいオールインワンゲルを極力紹介しているため日焼け止め成分が入っていないオールインワンゲルを紹介しています。

オールインワンゲル寝る前につると効果がアップ

オールインワンゲルは寝る前につけても大丈夫です。オールインワンゲルはパックとしても使うことができます(※オールインワンゲルによって
違うので確認して下さい)。季節やその時によって保湿力が足りないと思う時、フルラインコスメの時でもパックをしますよね。

オールインワンゲルならパックの商品を買わないでもすることができます。
それだけ、今のオールインワンゲルは肌への保湿力が高いのが多いのです。

やり方も簡単で、いつもと同じ塗るだけです。塗った後に落とさないでそのままで大丈夫です。

乾燥がヒドイ時は、ラップパックがおすすめです。
【ラップパックやり方】
顔全体にオールインワンゲルを塗った後に、台所にある普通のラップで顔全体に伸ばして貼ります。
5分くらい放置でいつもよりしっとりした肌になります。

ラップは捨ててしまいますが、塗ったオールインワンゲルはそのままで大丈夫です。

なので、やる時は寝る前の15分前に終了するようにしましょう。そのまま寝てしまうとラップなので危ないです(>_<)