シミを薄くする・消す成分で「ハイドロキノン」という成分をよくみかけるのではないでしょうか。

ハイドロキノンは皮膚科クリニックのシミ治療に使われる一番多い成分です。
シミ消し成分=ハイドロキノン と思って調べるとシミ消しには、シミに特化したオールインワンゲルとある・・・。

ハイドロキノン入りの化粧品とシミに特化したオールインワンゲルどちらがシミには良いのか調べました。

その前にハイドロキノンのことを正しく知るためにハイドロキノンの皮膚科クリニック治療について紹介します。

ハイドロキノンの皮膚科クリニック治療について

ハイドロキノンとは、メラニンを生成するチロシナーゼの作用を阻害する働きがあります。
そのため、シミの元メラニンの生成を抑えることができるのです。
ハイドロキノンの特徴をわかりやすくいうと、強い漂白作用です。

特に医療機関で処方されるハイドロキノンは、有効成分が化粧品と違って医師が高濃度を配合することができるので、効果も高くなっています。
ただ、有効成分が高濃度だと、使用方法を間違えると肌に対して刺激となってしまうのです。

ハイドロキノン治療で注意しないといけないこと

ハイドロキノンは、正しく使えば美白効果が非常に高いものです。
しかし、使用方法を間違えると、皮がむける、シミが増える、シミが濃くなるといった肌トラブルが起こる可能性があります。
ですから、皮膚科クリニックでハイドロキノンを処方してもらった場合は、医師の指示に従って使うことが重要です。
肌の色素沈着を何とか早く消そうとして、量を多めに使う人がいますが、医師に指示された量より多く使うと、肌トラブルの原因となるので、決められた用量は必ず守って使うことが大事です。
また、外出する場合は、短時間であっても日焼け止めを使って紫外線を防止する必要があります。

クリニックのでシミ治療はハイドロキノンだけでない

ハイドロキノンは皮膚科クリニックのシミ治療に使われる一番多い成分です。なので勘違いしている人も多くいられると思います。

皮膚科のシミ治療はハイドロキノンだけでなく、ビタミンCやコウジ酸などのクリームをだしているところもあります。なので、ハイドロキノンが絶対シミに効果があるのではなく、シミには個人差があるのでどの成分が効果的というのはありません。

ハイドロキノン配合の化粧品について

ハイドロキノン成分は今までは化粧品には肌トラブルの原因になるため医師以外が配合することはできませんでした。規制緩和によってメーカーが独自に安全性に関するデーターをだしてから配合することができるようになったので、ハイドロキノンの配合の化粧品が増えてきました。

だからといって絶対安全というわけではないです。ハイドロキノンの刺激が肌にでる人もいます。
なので、ハイドロキノン成分が気になるけど肌が弱い人はクリニックで処方してもらうことをおすすめします。

ハイドロキノン配合化粧品とシミに特化オールインワンゲルどちらが良いのか

シミを消したいと思ったら私はシミに特化したオールインワンゲルをおすすめします。

ハイドロキノン配合化粧品とシミに特化したオールインワンゲルの違い
シミに特化したオールインワンゲルは
・肌の表面のシミだけでなく、これからできるシミも予防することができる
・肌のターンオーバーを健康的に戻してくれる
からです。

つまりハイドロキノン配合化粧品は今あるシミには効果があるのですが、これからできてしまうシミには効果が期待できないのです。
また、シミができている時は肌が乾燥肌や敏感肌になっている時が多いです。シミを消すことばかりに目がいきやすいですが、シミが無くなっても乾燥肌や敏感肌の肌トラブルがあるとまたシミができやすくなってしまいます。

だから、私はオールインワンゲルで肌を健康的に戻しながらシミを消してくれるオールインワンゲルをおすすめします。